まるめろのよこ
日々のこと、双子の娘、手づくり石けん、ヨガなど気ままに綴っています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
トリップ
気が付けばすっかり秋、我が家の鈴虫も静かになり、

オスはサヨウナラ。

(メスに食べられちゃうんですね~今秋知りました、、)



青空の下、窓をあけ車を走らせる事も多い絶好のドライブシーズン。

こんな季節はジョニ・ミッチェルの乾いた歌声が合います。

ま、ドライブといっても実際は仕事やら子供の送迎の時が多いですが。



さて最近、仕事で時々訪れる機会がある近郊の町がいくつかあります。

MK市もそのひとつ。



道路から目につく建物が昭和の頃のものが多く、

商店も当時からの流れを引き継いだまま営業しているのが目にとまり

平成時代のデザインなど、どこ吹く風といった様子に映ります。

0929.jpg


お店の店名も「フレンズ」とか「エンジェル」とか、

懐かしい響きがよく似合い、この時の留まり方自体が

ひどく新鮮に感じます。



昭和生まれには昭和のものがしっくり落ち着きます。



先日、時間が少し空いたので、機会ができたときのために

友達に聞いておいた目的地から車で10分ほどの

輸入食材のお店を探してみました。



すぐに一軒見つけたけれど定休日だったので、あきらめて

引き返そうと思ったら、すぐ近くに小さ目のお店がまた見つかりました。



なんと書いてあるかはわからないポルトガル語の看板、

でもガラス越しに食材の棚が見えるので間違いない、と

実に気軽に入店しました。

そう、まるでKALDIにでも行くかのように。



でも入ってすぐに、異国にトリップしたことがわかりました。

店員さんも、お客さんも全員おそらくブラジル人。

ガラスのドア越しに、本当にどこでもドアで海外旅行に

来たかのようです。



親し気に交わされる外国語での会話が飛び交い、

棚のPOPも、パッケージも日本語表記は見当たりません。



思いつきで、KALDI並みの意気込みだけで入店した私にとって

久しぶりに味わうあの心細さ。

でもこれこそが、海外旅行へ行ったときのあの独特な緊張感でも

あります。



かろうじてカレーに使おうと思っていた品、

オイルサーディンとココナッツミルク缶(両者ブラジル無関係)

を入手し帰国(笑)。



はぁ~新鮮。



手軽にタイムトリップ+地球の裏へトリップ、

MK市付近なかなかです。

スポンサーサイト
[2011/09/29 21:23] | いろいろ | トラックバック(0) | コメント(2) |
久しぶりと初めてな休日
9月の連休第二弾。

またもやパパは釣り行きの日、久しぶりの友人親子2組が我が家に

遊びにきてくれました。



車で1時間以上の所に住む独身時代からの友人達、

子供ができてからも未就園の頃までは時々会っていましたが、

入学・入園してからは生活リズムもちがってきて、

子連れで会うのは本当に久しぶり。



都会のマンション住まいの友人の長男は、目前に田んぼがある我が家が

かなり新鮮なご様子。

虫かごに、バッタやカエルやトカゲをわんさと捕まえ満足気。

うちの娘たちに、「いっぴきあげようか?」

娘たち「いつでもつかまえれるからいいよ」



そういえば、うちの娘達、カエルとかよく家に招き入れていて

私は廊下で遭遇して驚いたりしました。




遊び盛りな都会の子4人は大きく違う住環境に大はしゃぎ、

小旅行気分を味わってくれたようです。




住んでいる当人たちは至って当たり前の環境なので、

そんなにめずらしがってくれるのが新鮮でした。

田舎の子供気分を満喫、とでもいいましょうか。

得意がって説明してました。




そして別の日、初めてを体験してきました。

熱気球です。

といっても、近郊のショッピングセンターのイベントで乗船時間も

ほんの数分、上にあがってしばらく経ったら下りてくるというもの

でしたが、それでも気球に乗れるというだけで親子で興奮しました。


kikyuu.jpg


青空に気球、絵になる光景です。


このまま飛んでいきたいな~

、、でも気球の中は熱くて、長時間の乗船は実際つらいかも。

[2011/09/27 00:16] | いろいろ | トラックバック(0) | コメント(6) |
イベントの秋
先日の連休最終日。

パパは釣りだったので、娘たちと3人でイベントをはしごしました。

この時期、あちこちで楽しいイベントがあるんですよね。



まずはアクティブGで開催された「GIFU CRAFTFAIR」。

100以上のブースが1階から3階まで並んでいて、

全部まわれたのか、わからなくなるほど。


お腹が空いてきたので、NEWTON CIRCUSでランチ、

気づけばこの3人きりで外食するの、すごく久しぶりで

なんだか新鮮です。

2011091901.jpg

ピザ好きな娘たち、最近やたらとピザピザ言います。



色々すてきなブースがありました。

キャンドルのブースが2か所あって、

ひとつは色使いが美しく、

もうひとつはレトロでかわいらしいデザインに作ってみえました。

キャンドル、いいですよね。

もったいなくて、なかなか灯をともせないのですが、

すごく惹かれます。



こちらの会場では、工房眉山さんの木の実リースをお持ち帰り。


2011091902.jpg


チロリアンによわいんです、私。

このころんとした木の実の配列もキュートです。

工房眉山さんは、biz with cottyさんとして

BROCANTEにも参加されます。ポストカードもかわいいです。



そしてお次は、トラベシアさんで開催の「鮎☆鵜宙博」へ。

雑貨屋さん、お花屋さん、アーティストの方々、フードブース、

細長い敷地に、個性がぎゅっとつまって毎回わくわくする空間です。


こちらでは、コルリさんで夜長堂のマステと、

はながらさんでプロテアという花をドライにしたものをお持ち帰り。


2011091903.jpg


存在感あります。

はながらさんのブースも存在感ありました。

はながらさんは、ウエディングブーケとドライフラワーの

自宅ショップをもうすぐオープンされます。




そういえば、最近ドライづいてるのに気が付きました。

ドライつながりで、ついでにこんなものも。

去年もらったなた豆を、ドライにしてみたものです。

2011091904.jpg


ドライにすると、なた豆の個性あふれるフォルムがひきたつ感じで

面白いです。



眉山さんの木の実リース、はながらさんのドライフラワーとアレンジも、

自然のものにセンスと手間を加えることで、

単体ごとの個性を生かしつつ、

がらりと姿をかえて新しいオブジェに変身させてしまう、

そのさじ加減が絶妙です。


才能に出会った時、ハッとさせられます。

そんな出会いがあるイベントが好きです。

[2011/09/22 01:45] | いろいろ | トラックバック(0) | コメント(4) |
焼きたて。
朝ごはん、パン派です。

昨年念願のホームベーカリーがやってきて以来、

週に2~3度パンが焼ける匂いが家に充満します。

台所から”ごっとんごっとん”とこねてくれる音が聞こえると、

なんだかお手伝いさんを雇っている贅沢な気分になります。


本当は天然酵母パンが好きですが、計画性に欠ける私は、

焼きたいときに生種おこししておくのを忘れるので

よほど余裕があるときでない限り、ドライイースト派です。



愛用の粉はこちら、サンミールさんの強力粉。


pan0918.jpg


製粉会社で小売りをしてくれるので、残り少なくなると

買いにいきます。

10㎏袋で1800円也。

朝パン家族なので、賞味期限内にほぼ使いきれます。

普段使いはお値打ちがなによりありがたいです。

http://www.sunmill.co.jp/


事務所のアットホームな雰囲気もいい感じです。



ドライイーストはサフ。

イースト臭もあまり気にならないし、

お値打ちかつパッケージもかわいいです。

pan091802.jpg

しかし、なんでも”たて”は格別ですね。

パンは焼きたて、ご飯は炊きたて、そしてビールは注ぎたて、、

食欲の秋、、心は軽く、身体は重くなりがちです。

はぁ、、。
[2011/09/18 21:48] | いろいろ | トラックバック(0) | コメント(4) |
まさにタイムトンネル。
先日のお休みの日。

弾丸ツアー(?)を組んで、ママトコ屋さん→タイムトンネルさん

というコースで目の保養をしてきました。


ママトコ屋さん、いつもながら楽しい空間づくりです。


こちらでは、レトロボタンのヘアピンと、チゲ味噌を購入。


ついつい長居したくなりますが、

なにせタイトなタイムスケジュール、後ろ髪をひかれつつ、

次のステージ、タイムトンネルさんへ。

timeto01.jpg


ここは、TreeTopさんで教えてもらった古道具屋さんです。

味のある木枠のガラスケースをこちらで入手したとのこと。


timeto05.jpg


トンネルをくぐると、どこから見ればいいのかわからないほどの

物・モノ・もの、、。


timeto07.jpg

大物から小物まで、

小さいころ嗅いだ匂いとともに溢れかえってます。


timeto02.jpg

最初はこわい印象だったオーナーさん、

終盤にはコーラまでみんなにごちそうしてくれて

奥の部屋やら二階も見せてくれました。

timeto06.jpg


そして、公開を冬に控えている映画に色々小道具として

貸出をしたとのことで、台本も拝見。


timeto03.jpg


この時代のものが残る年代を幼いころ過ごしているのに、

年数が経つとこんなに新鮮になる、この時代のものって

無骨ながら作り手のぬくもりを感じるものが多かったな。

現代のものも、今の子供たちが大きくなってから

同じような感慨をもってくれるのかな、

未来の古道具屋さんに足を運びたくなる品物、

生み出されているのかな、、。

いつまでも愛着の持てる品を選んで使っていきたいものです。


[2011/09/16 21:46] | いろいろ | トラックバック(0) | コメント(2) |
6歳の日。
娘たち6さいの誕生日を前に週末にお祝いしました。

彼女たちは双子で、当然ですが誕生日は同じ日です。



お祝する前日から

「4にんかぞくの4にんのぱーちいはこちらです」

とかかれた紙がリビングのドアに貼られていました。



「ぱーちい」の言葉に反応して、

以前使った輪っか飾りの存在を思い出し、使い回しで演出。

11091103.jpg

ピザとラザニアが食べたいとの事で、

全粒粉を加えた生地でピザを2種類、ラザニア、鶏ハムなどをつくりました。


11091102.jpg

最近ようやく2段オーブンになって2倍速の幸せを実感。




今回ケーキはスポンジとクリームまでの準備は私と、残りの

デコレーションは全面的に二人に任せてみました。

予定では、フルーツを飾って文字をかくというはずでしたが、

はい、こうなりました。

11091101.jpg


全面的に似顔絵が登場したので、フルーツは中にサンドのみで。



した子さんの目標「竹馬名人になりたい」(笑)

そのお手伝いをすべく、スポーツ竹馬なるものをプレゼント。

名人への道のりは険しそうです。

将来の夢は「絵描き」だそうで、「竹馬が得意な絵描き」

がんばってください。




「もう6歳かあ。

 6歳ってことは、ママ達もパパとママになって6歳だよ」



「そっかあ、私たちが生まれるまではママ達はまだ高校生とかの

 おねえちゃんとかだったんやねえ」


、、年齢に関する認識だけは、そのままでいてください(笑)
[2011/09/13 00:06] | いろいろ | トラックバック(0) | コメント(8) |
秋の楽しみ
春に種まきしたコットンフラワー。

花の時期ももうすぐ終わりで、綿ができる秋がやってきます。

茶綿と白綿をまいたので、二色のドライをつくろうかな。

RIMG0473.jpg

そして、以前お友達にもらったつるばらを挿し木しておいたら、

根がついて大きくなってきました。

この子は玄関横のポスト下に植えて、ポストのポールに

からんでもらおうと目論み中。

RIMG0474.jpg

やっぱり春秋は庭いじりが楽しい季節。

、、とその前にボーボーになってきた草むしりしないと、、。
[2011/09/09 09:28] | くさばな | トラックバック(0) | コメント(2) |
bebida BAR&cafeさん
ひさしぶりにカフェランチしました。

来月のイベントBROCANTEの打ち合わせを兼ねて。

場所はbebida BAR&cafe(ベビーダ バーアンドカフェ)。

PAP_0006.jpg

ドアも、タイルの色合いや並べ方、入る前からテンション上がります。

(帰り際の撮影で、サインはCLOSEになってますが)

PAP_0008.jpg

鳥かご好きにはたまらないです。外にも店内にも鳥かご。

torikago.jpg

ランチはカレーをデザートセットでいただきました。

ココナッツミルクのまろやかさと、にらなどの和風なアクセントが

きいた国籍MIXな感じで美味。

PAP_0021.jpg

器もステキ、お味もステキ、盛り付けレイアウトもステキ。

食はこの3拍子。

PAP_0016.jpg

お店の方のいいお人柄が伝わる会話、

そしてこのお店のかわいさ。

こういうすべてのバランスが揃って、「いいお店」って

つくづく感じます。

PAP_0015.jpg

そして、メンバーとの楽しい会話。

どんなステキな場所でも、楽しい人と一緒じゃないと、ね。

「いいお店」で「いい時間」、この数時間のおかげで「いい一日」、

ひいてはこういういい時の積み重ねが「いい人生」ってことかしら、、。

BROCANTEも、訪れた人に「いい時間」と感じてもらえるイベントに

なるといいな。

PAP_0009.jpg

bebida BAR&cafeさん  http://emaniel-auto.net/

[2011/09/07 22:45] | BROCANTE | トラックバック(0) | コメント(6) |
雑貨屋コルリさん
今日は着付け教室の帰り道、少し時間があったので以前から気になっていた

建物を訪れてみました。

「雑貨屋コルリ」さん。


PAP_0004.jpg


正面にどーんとかかれたこの店名デザインといい、イラストといい、

きっと面白いお店にちがいない、と思って入ると、、


PAP_0003.jpg

期待以上ですよ、藤原さん。

古いものは10代のころから、やっぱり好きです。


什器やレトロ食器などは古いものですが、商品は海外ステーショナリーやアクセサリー、

インテリア雑貨など、新しいものがメインです。

リアルだけどちょっとひねりのある動物たちや、レトロなデザインのもの、

見ていて飽きません。

PAP_0005.jpg

コルリという名前も鳥の名前で、鳥好きで自然と鳥グッズも集まってしまうのだとか。

フクロウライトにフクロウペンシルと、フクロウ好きな私の心をくすぐります。


倉敷意匠の品揃えも豊富です。

マステは色々なお店で見かけますが、それ以外にも色々。


PAP_0002.jpg

帰り際オーナーさんとお話ししてみると、昨年イベントでブース出展された際、

私がレトロなミニグラスとカップを購入した方でした。


その時にも私思わず、「お店やらないんですか?」と聞いたおぼえがあります。

そのイベントでいろんな方に声かけされたのがきっかけで、お店をもつことを

決めたそうです。


すごい偶然でびっくりしました。


PAP_0000.jpg


リアルなきのこボールペン、ふくろうペンシル、クローバー型のバンチャー、

ブリキトンボブローチ、倉敷意匠のボチ袋、、、

雑貨ってささやかな幸せを感じられますね。


雑貨屋コルリさん   http://koruri3.com/
[2011/09/05 21:04] | いろいろ | トラックバック(0) | コメント(4) |
クラフトマーケットと幸種市
雨、よく降りました。

でもこのイベントを見に行きたくて長靴履いて遊びに行きました。


「TreeTop クラフトマーケット」では、店内ディスプレイを一掃して、

色々なクラフト作家さんが出展。

いつもの雰囲気とはまた違って、初めて見るものも多く新鮮なひととき、、。

treetop.jpg


今日は雨天だったため、ブースすべてを屋内出展できるように、

普段は見えなかった奥のスペースも解放されており、

さらに広い建物だったことが判明しました。



あれこれじっくり見たいけど、子連れだとなかなか大変です。

そんなときにも助かるのがこのキッズスペース。


PAP_0012.jpg


学校なみに大きな黒板もあって、お絵かきも大胆にでき、我が娘っこコンビの

大のお気に入りです。



たくさんのブースの中、気になるものもいくつか出会います。

結局、ブックスタンドが気に入って、購入。

すてきな布とレジンを合わせたアクセサリーもすごく気になりました。


次回開催は、ぜひ参加できたらいいな。





その後、スタンプラリーもあることだしと、パパ&子供達を誘って

「幸種市」にもつきあってもらいました。



前回は私も出展しましたが、今回は雨天のため、本堂内での開催。

屋外で開催されるときとはまたちがった雰囲気です。



RIMG0487.jpg

スタンプラリーで、もらったノベルティはやさしい香りのサシェでした。



戦利品のブックスタンドは、絵本コーナーがいっぱいになってきたので、

もう一か所飾って収納する目的で。

今までは、表紙が気に入った絵本はこの100均ディッシュスタンドに。

RIMG0486.jpg

今日からはもう一か所。

RIMG0481.jpg

娘コンビよ、ちゃんと片づけてくださいね。


[2011/09/04 22:48] | Tree Top | トラックバック(0) | コメント(6) |
TreeTopさんとTankさん
台風が近づいていてドキドキと不安がよぎる日でありつつ、

二つのお店では素敵なドキドキ、ワクワクをもらえた一日でした。




まずはTreeTopさん。

treetop4.jpg


こちらは今春にオープンされたばかりの雑貨屋さんですが、

ずいぶん前からあったお店のような懐かしさも感じるたたずまいでありながら、

店内に並ぶものはシンプルだけどさりげない個性が光る洋服や雑貨、

布地やボタン等どれも新鮮さを感じるものが美しくディスプレイされています。


treetop3.jpg


広い店内ではさまざまなワークショップを開催されたり、

お店で選んだ生地やボタンなどを使い、道具やパターンを借りて

その場で作品として仕上げられるワークスペースとしての

レンタル利用もできるそうです。


treetop5.jpg


treetop2.jpg


並んでいる商品達もステキさんがいっぱいですが、

店内の什器やディスプレイ小物達がこれまた私の心をくすぐるものばかり。

長年使われていい塩梅に味がでているもの、

シンプルだけどちょっとひねりのあるものを

本来の用途とは違うかたちで上手に飾ってみえたりして、

そのアイデアとセンスにいつも感心してしまいます。

treetop1.jpg
savo savonのコーナーです。


TreeTopさん   http://treetop51.exblog.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そして、TreeTopさんに教えていただいた近郊のお花屋さん、Tankさん。

tank1.jpg

赤色の壁にどれも不思議とよく合う、異国で買い付けられた鳥かごや、

アンティークのガラスボトルなどが所狭しと飾られており、

観葉植物やドライフラワーも、一味違う個性的な顔が並んでいました。


tank3.jpg


いろんな国々がMIXされた空間が、まるで新しい国のようです。

店内における生花のボリュームは時期的にこれから増えてくるそうですが、

アレンジされたお花も是非、生で見てみたいと思うお店でした。


tank2.jpg


こちらでは、ユーカリの実つき枝をドライにしたものを購入。


ラッピングのタグについているのは、ほろほろ鳥の羽根だとか。

tank4.jpg

ステキなラッピングを見ると開けるのが惜しくなりますが、


これはまた再利用するとして、ユーカリのドライはおうちに飾りました。


我が家の庭には銀丸葉のユーカリがいますが、この品種も植えたくなりました。

tank5.jpg



Tankさん  http://www.flower-tank.com/
[2011/09/03 01:19] | Tree Top | トラックバック(0) | コメント(6) |
バラが咲いた。
我が家の小さな庭の草花たちは、夏を過ごしてずいぶん色をなくしていますが、

その中で可憐に咲いているのが、このバラ「カフェ」です。



私が買った園芸店では「カフェ」と呼ばれていましたが、

「カフェオレ」とも呼ばれるそうです。



そしてこの子がまさに私の記念すべきバラデビューを飾ってくれた

張本人でもあります。


それまでの私の中のバラのイメージは、ちょっと気取った感じがして、

自ら植えようとは思わない種類に属していました。


でもこのくすんだアプリコット色からベージュに変化していくその色合いと、

ちょっと首をかしげたような控え目な咲き姿に一目惚れ、やられました。



RIMG0461.jpg


春にやってきたこの子もこれで3度目の開花です。


四季咲きというお得感、

程よく香る中香という具合もツボです。



園芸店の店員さんと話していた際、他の品種をいろいろ勧めてもらっても

この子以外には興味を持たなかった私。


実はその店員さんが、以前まだこの品種があまり知られていない頃、

その方自身も気に入って園芸農家さんに是非これをもっと作ってと交渉して、

入荷するようになったのだとか。


思い入れがある品種だけに「そんなに気に入ってもらえて嬉しいです」

と感激され、この子のチャームポイント話で盛り上がったのでした。




[2011/09/02 03:14] | くさばな | トラックバック(0) | コメント(2) |
夏の思い出 ③
夏の風物詩、花火はすごく好きです。

手持ちの花火も好きだけど、やっぱりなんといっても打ち上げ花火。



私の住んでいる地域では、毎年花火大会が2回あって、どちらも3万発。


これってずっと当たり前だったけど、全国的にみても同じ地域でこの規模が2回もあるって

すごいことだったんですよね。


今年は震災の被害を考えて自粛となり、先日「被災地に心を届ける打ち上げ花火」として

約3000発の花火があげられ、会場に見に行きました。




コドモもオトナも、無防備にあんぐりと夜空を仰ぎ見る、とっても純粋な時間、、。

花火が終わるとみんな拍手、、。

やっぱり花火っていいな。



花火には鎮魂の意味があり、被災地にまで届いてほしいなと心から思います。


RIMG0457.jpg



会場は山が近かったので反響が大きくて、音の迫力もすごかったです。

フィナーレの連発でその音響効果はMAXになり、

振動もすごかったのでしょう、近くに駐車してあったどなたかの車の盗難警報装置が反応して

けたたましく鳴っていたほどでした。


[2011/09/01 00:32] | いろいろ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
プロフィール

marmelo

Author:marmelo
marmelo(マルメロ)です。
双子女子の母、仕事の傍ら、石けん作り、ヨガ、アート鑑賞、、。好奇心に費やすエネルギーだけは、底なしに湧いてくる私です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。